前のページに戻る

  • 簡太郎3

新自動音声応答 (IVR機能)

発信者がプッシュボタンを操作して電話を繋ぎます。

着信時に自動で音声応答し、発信者へガイダンス(案内)を流します。
発信者側でプッシュボタンの番号を押して操作した内容(番号)を利用して振り分けすることができ、業務効率が向上します!

24時間無人稼動が実現できます!

たとえば・・・

【例】
予約のお問合せの方は「1」を、商品のお問合せの方は「2」を、修理のお問合せの方は「3」を、押してください。

【例】 A商品についての資料をご希望の方は、「1」を、B商品についての資料をご希望の方は「2」を押して、発信音の後に送付先の住所・会社名・担当者名をお願いします。

【例】
7桁の会員番号の後に、続いて予約希望日の月・日4桁をプッシュボタンで押してください。

簡太郎3ではこんなことも解決します!

  • 契約期間過ぎたお客様に対しては自動音声で応答させたい。
  • 専任の担当者に繋げるまでに長時間お待たせし、苦情を言われた。
  • 資料請求などの一般的なお問合せは専任のオペレーターに対応させたい。
  • 業務と関係のない電話が多く、業務効率が落ちてしまう。
  • 24時間休みなく、電話を受け付たい。
  • 予約受付などで、すべてを自動応答で完結させたい。

上記のほかにも、さまざまな問題を解決できます。

前のページに戻る

ページ上部へ