盲学校での使用を想定した特定用途向け

目の不自由な方や、視覚障害をお持ちの方でも図書丸ねっとを、 スムーズに運用(貸出/返却作業・蔵書検索など)ができるよう、主に盲学校用に特化した図書丸ねっとです。

※別途 PC-TALKER XP 〜轄rmシステム開発〜 が必要です。また、PC-TALKER XP以外の音声読み上げシステムには対応していませんのでご注意ください。

音声読み上げ機能に対応

従来の図書丸ねっとに新たに盲学校でご利用いただける音声付メニューを追加しました。株式会社高知システム開発社製のウィンドウズ画面音声化ソフト【PC-Talker XP】とあわせることにより、 弱視の方や視覚障害のある方にスムースにお使いいただけるようになりました。

備品登録画面 備品検索画面
音声付メインメニュー 貸出画面 返却画面 蔵書検索

すべての機能をキーボード操作で

キーボード画像通常のマウスでの操作はもちろんのこと、すべての機能をキーボードで操作できます。
キーボード上の矢印キー【↑→↓←】とALTキーなどで操作できるので、主にキーボードをご利用されている場合でも十分に作業ができます。

画面内の文字を大きく

通常の図書丸ねっとより、大きな画面・大きな文字サイズ・分かりやすい配色で構成されています。 実際に現場でお使いいただく上で、そのフィードバックを基に画面を作成していますので、 十分にご満足いただけるものとなっています。

用途ごとパソコンにインストール可能

ネットワーク音声メニュー対応「図書丸ねっと」(盲学校版)は、一つのパッケージで、 管理用・クライアントが1ライセンスずつセットになっていますので、管理用のみと 貸出・返却作業・蔵書検索用を別々のパソコンにインストールできます。 管理者と利用者で別々のパソコンを使いたい、といったケースに対応できます。
また、使用するパソコンを増やしたい場合は、別途複数台分のクライアントライセンスを購入頂くことにより、 複数台のパソコンにインストールできるようになります。

ページ上部へ